美肌のために保温を

美肌を目指すには、水分補給が大切だと話してきましたが、大量の水で内側から潤わせることと、同じくらい大切なことがあります。
むしろ、そのポイントを押さえていないと、いくら水分を摂取しても効果がないと言えるほど、重要なことです。
そのポイントとは、体を温めることです。
真冬になると気温が下がり、冷たい風が吹きつけて、本当に寒いですよね。
外に出るとお肌は寒さでぎゅっと収縮し、毛穴を閉じて、肌の表面温度が低下するのを防ごうとします。
その状態がつづくと、少しずつ肌温度が奪われ、血行が悪くなって乾燥を招きます。
乾燥をしないようにと、水分を摂ることは大切ですが、同時に肌の表面温度を下げないように保温することも重要です。
せっかく摂った水分を、乾燥で蒸発させないように、温めて体内に封じ込めなければいけません。
温めるポイントは、しっかりと厚着をすること。
特に肌に直接触れる肌着にはこだわりましょう。
こすれて摩擦が起きると、静電気が発生して、乾燥を引き起こすので、化繊ではなく綿素材のものを選びます。
できるだけ、風が通らないように、肌に密着するタイプのものが良いと思います。
冬ファッションの定番であるフリース素材は、たしかに温かいのですが、静電気を発生させやすいという情報があります。
静電気のバチバチが気になる人は、避けたほうが良いかもしれません。
外だけでなく、家の中でもエアコンやストーブで乾燥しますので、設定温度は低めにして、綿の服を重ね着し、首元にマフラーを巻いて、肌から水分が蒸発するのを防ぎます。
外出時には、さらに上着を重ね着し、手首や足首を温めて、体温を下げないようにすることが大切です。
お肌のダメージを避け、美肌に近づくためには、乾燥するこの季節は特に気をつけなければいけません。
室内でも、屋外でも、できるだけ温かい服装を心がけ、意識してたっぷりと水分補給をすれば、お肌のコンディションが、ずいぶんと良くなるのを実感してもらえると思います。

大腸内視鏡の特徴

見つかる!むちうち治療

名古屋で産婦人科をお探しなら

三鷹市の歯科なら

新宿にあるおせわ整体院